ガレリアロゴ小

吹奏楽コンクール課題曲Webクリニック2006!

ガレリアウインドオーケストラメンバーによる2006年度課題曲のパート別クリニック!
リンクフリー、コメント・質問・トラックバック大歓迎!ただし、演奏会の宣伝書き込みはご遠慮下さい。
(ブラウザを最大化してご覧下さい)

※質問の受付は終了しております。ご了承下さい。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
コンサート・マーチ・ベスト
コンサート・マーチ・ベスト (JUGEMレビュー »)
海上自衛隊東京音楽隊,航空自衛隊中央音楽隊 陸上自衛隊中央音楽隊,陸上自衛隊中央音楽隊,野中図洋和,海上自衛隊東京音楽隊,竹村純一,船山紘良,航空自衛隊航空中央音楽隊,進藤潤
ガレリアウインドオーケストラ コンポーザー・イン・レジデンスである作曲家、中橋愛生氏の作品「コンセルトマーチ『シンタックス・エラー』が収録されているコンサートマーチ・ベストCDです
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
課題曲5「風の密度」:オーボエ(小山悦子)
ob-bana

「吹奏楽のオーボエーパートでは高音Dの音までが一般的なので、Dまでの運指を覚えましょう」という言葉を、数年前耳にしたことがあります。
しかし最近は中学生が演奏するような曲でも、Eが頻繁にでてくるようになりました。

 
 
この曲の最高音はEですが、Fの音が楽に出るよう練習しておくとEは、さらに楽に鳴らすことが可能となります。
第三オクターブキイの調整により、またリードとの相性により発音がしにくくなっている楽器を見かけることがありますが、鳴りにくいとお思いの方は、一度調整に出してはいかがでしょうか?


冒頭がオーボエソロ、しかもHの音・・・Hの音ですね。
Hはオーボエの中でも不安定になりやすい音ですよね。
ここで基礎に立ち戻り、健康的な吹き方をしているかどうかチェックしてみてください。

音程が高くなる場合は唇を締めすぎ、アンブシュアが『イ』の形になっている可能性があります。
『オ』『モ』『オゥ』等様々な表現がありますが、色々試してください。
そしてイメージトレーニング、Hの音をイメージして音を出す、という基本的な作業が必要になります。

※健康的な吹き方とは、楽器・リードの調整が万全であり、口を不必要に締めすぎない(リードを噛まない)、手指の脱力、肘を上げすぎない、肩を上げない、喉を絞めない等々・・・

フォルテピアノのクレッシェンドは、息の量・スピードのバランス、そしてお腹の支えが必要になります。
基礎練習でクレッシェンド・デクレッシェンドの練習を取り入れてみてください。



[5]1小節目のソロ、Asでのばしがありますね。
これもまた、リードと楽器の相性により不安定になりやすい音です。
音程が下がる場合は、相性が悪い可能性大。
音程が上がる場合は、前述の通り噛んでいる、息が散漫になっている可能性があります。

息をまとめること、遠くへ飛ばそうとイメージし、息の角度を下にすると音程が安定することがあります。
合奏以外の時間にホルンの方と一緒に合わせをしてもらうとさらに安心ですね。

全体的にアクセント、スタッカートが多いですが、息のスピード・息を飛ばす・健康的な吹き方で演奏し、他のパートとどのように絡んでいるのか理解しておくと心配ないかと思います。
休符が多い曲でもあります。休符で「休んで」しまわないようにできると良いですね。


「リード8割本人2割」とどこかで見たことがありますが、自分に合うリード、使用している楽器にあうリードを探してください。合う、と思って使用していても、実は合っていなかったということもあり得ることです。
奏法について言葉で伝えることは難しいです。
音色・音程のことで注意されることが多い方は、一度専門の方に見てもらうことをお勧めします。


最後に・・・
目に見えること、耳で聴こえることばかり書いてきましたが、もっと大切なことは、「イメージすること」ではないかと思います。

どうぞ素敵な演奏を!
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

小山悦子(こやまえつこ)

東京都福生市出身。国立音楽大学器楽科オーボエ専攻卒業。
オーボエを故丸山盛三氏、室内楽を宮本明恭氏、指揮法を新田ユリ氏に師事。
東京文化会館新進音楽家オーディション室内楽部門に合格。
同会館デビューコンサートに出演。同会館フォローコンサートVol.4〜
Breeze《三位一体》に推薦され出演。
モーリス・ブールグ氏のマスタークラス、フランス・クールシュヴェルの講習会に参加。

現在フリーのオーボエ奏者としての演奏活動と共に後進の指導を積極的に行ってい
る。
スポンサーサイト
- | 20:21 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://galleriawind.jugem.jp/trackback/146
 
ガレリアウインドオーケストラは東京近郊の若手演奏家によって結成されたプロフェッショナル吹奏楽団です。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ