ガレリアロゴ小

吹奏楽コンクール課題曲Webクリニック2006!

ガレリアウインドオーケストラメンバーによる2006年度課題曲のパート別クリニック!
リンクフリー、コメント・質問・トラックバック大歓迎!ただし、演奏会の宣伝書き込みはご遠慮下さい。
(ブラウザを最大化してご覧下さい)

※質問の受付は終了しております。ご了承下さい。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
コンサート・マーチ・ベスト
コンサート・マーチ・ベスト (JUGEMレビュー »)
海上自衛隊東京音楽隊,航空自衛隊中央音楽隊 陸上自衛隊中央音楽隊,陸上自衛隊中央音楽隊,野中図洋和,海上自衛隊東京音楽隊,竹村純一,船山紘良,航空自衛隊航空中央音楽隊,進藤潤
ガレリアウインドオーケストラ コンポーザー・イン・レジデンスである作曲家、中橋愛生氏の作品「コンセルトマーチ『シンタックス・エラー』が収録されているコンサートマーチ・ベストCDです
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
課題曲5「風の密度」:ホルン(田畑広美)
hr-bana

この曲はとにかくアクセントとスタッカートしか出てこないので、メリハリのある演
奏をしなければなりません。一件難しそうに譜面が見えますが、譜読みをして理解す
ると、意外と難しくありません。

 
 
6小節目から34小節目までは1、2番ホルンと3、4番ホルンで動きが違うので、とにかくゆっくりから譜読みを行い、リズムから音の確認までを徹底的に覚えてしまいましょ
う。
最低次のことに注意します。

「32分休符が遅くならない事」
「音量よりも音符の形をはっきりと出す」
「舌を固くし、フワっと吹かない事」
「フレーズの終わりの音をしっかり切る」

以上ですが、fやffで書かれているので力まかせに吹いてしまいがちですが、そう言うふうに吹くと絶対に遅れてしまいます。ホルンは遅れてしまいやすいので、メトロノームを使ってしっかりテンポの練習をして下さい。

16小節目のハンドストップについて説明します。そこに「+」が出てきます。これが
ハンドストップ(gestopft)のマークになります。ハンドストップはベルを右手で完
全に塞ぎます。そうするとピッチが半音高くなるので半音低い指使いで音をだします。
コツは

「指と指の間を開けない」
「片手で水をすくうような形にする」
「手とベルの間に隙間をあけない」

中学生や女性の方で手が小さい人は、ベルの中に手が入りすぎてしまいがちなので、
なるべく手をベルから抜いてギリギリで塞ぐ練習をして下さい。
ハンドストップをすると息が楽器に入りにくく(ベルを塞いでいる訳ですから)なり
ますので、普段吹いている息圧よりたくさんの圧力が必要になってきます。

35小節目1stホルンのソロはCisの音で膨らましてしまいやすいのですが、クレッシェ
ンドはEの音からかかっているので、そこはまだ我慢です。オーボエの方と合わせる
のはもちろんの事、オーボエの方に1人で吹いてもらい、どう言うふうに吹いている
か聞かせてもらうのがいいと思います。(もちろんホルンもオーボエに聞かせる)お
互いに聞きくらべてニュアンスをそろえていきましょう。

52小節目から4小節間は少し大変なので何度も練習が必要です。1、2番ホルンは高音、
フルート、クラリネット、アルトサックス、トランペットと同じ動きなのでセクショ
ン練習をして下さい。3、4番ホルンは中低音の人たちと合わせて下さい。

56小節目はベルトーンです。3、4番ホルンはffで入ったら必ず音をしっかり抜いて下
さい。1、2番ホルンは最初のFisとCの音をしっかり出して下さい。


ホルンにとってこの曲の最大の難関は「跳躍」だと思います。最初にも述べましたが、
まずは音量よりも音程をしっかりとることから始めれば良いと思います。跳躍して上
がった音ばかりが大きくならずに、下の音をしっかり鳴す練習をして下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

田畑広美(たばたひろみ)

福岡第一高等学校(音楽コース)卒業。東京音楽大学卒業。これまでにホルンを清水万敬、松崎裕、笠松長久の各氏に師事。現在、フリー奏者としてオーケストラ、吹奏楽、アンサンブル、吹奏楽の指導など多方面で活動中。オルジアブラス10!メンバー。
スポンサーサイト
- | 17:58 | - | -
コメント
from: Horn好き   2006/07/31 10:25 AM
質問します。
ホルンのロートーンでのゲシュトップしかもff。
短い音で、可能なものなんでしょうか?
長い音だったら何とかなりますが・・・・・
from: たばたひろみ   2006/08/02 8:59 PM
返事、遅くなりました。
ロートーンは、下のAの事でしょうか?もちろん長い音で音が出るという事は、短い音でも可能ですが、かなりしっかりとしたアンブシュアと右手の位置でないとたいへん難しいと思います。
もし、課題曲以外の曲で、ゲシュトップが目立つ場合であるならば、ゲシュトップミュートをおすすめします。
from: Horn好き   2006/08/03 9:33 AM
お返事ありがとうございます。
課題曲垢亡悗靴討任垢、ゲシュトップミュートつかったって、短い音は、出すだけになってしまいます。(貧弱)
ffは到底無理です。
この曲の場合、多くの部分でパーカッションと同じリズムになっている為、全く聴こえず、むなしさを感じます。
 低音のゲシュトップを鋭く強く吹くことはできるんでしょうか?
from: たばたひろみ   2006/08/04 5:59 PM
強くするどい息と、それに負けない強いアンブシュアが出来れば可能だと思います。しかしパーカッションに負けないほどの音量は無理だと思いますが。。。
from: Horn好き   2006/08/07 8:38 AM
ありがとうございました。
低音のゲシュトップ、出せるように頑張って見ます。

それにしても、この課題曲垢離▲譽鵐犬Horn3番、4番に関して、どうも納得がいきません。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://galleriawind.jugem.jp/trackback/142
 
ガレリアウインドオーケストラは東京近郊の若手演奏家によって結成されたプロフェッショナル吹奏楽団です。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ