ガレリアロゴ小

吹奏楽コンクール課題曲Webクリニック2006!

ガレリアウインドオーケストラメンバーによる2006年度課題曲のパート別クリニック!
リンクフリー、コメント・質問・トラックバック大歓迎!ただし、演奏会の宣伝書き込みはご遠慮下さい。
(ブラウザを最大化してご覧下さい)

※質問の受付は終了しております。ご了承下さい。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
コンサート・マーチ・ベスト
コンサート・マーチ・ベスト (JUGEMレビュー »)
海上自衛隊東京音楽隊,航空自衛隊中央音楽隊 陸上自衛隊中央音楽隊,陸上自衛隊中央音楽隊,野中図洋和,海上自衛隊東京音楽隊,竹村純一,船山紘良,航空自衛隊航空中央音楽隊,進藤潤
ガレリアウインドオーケストラ コンポーザー・イン・レジデンスである作曲家、中橋愛生氏の作品「コンセルトマーチ『シンタックス・エラー』が収録されているコンサートマーチ・ベストCDです
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
課題曲5「風の密度」:ファゴット(江黒未希)
bsn-bana


  
この曲は一般向けとの事なので、Fg歴の長い方も多いのではないでしょうか。一通りの音階が吹け、上から下まで音が出せる人にとっては、演奏すること自体難しくはないと思います。一番最初だけ譜読みに手間取りますが、それさえクリアすれば個人練習にそれぼど時間はかからないでしょう。でもこの曲は個人練習だけバッチリにして行っても合いません。合奏に臨む前にスコアをよく読んでおくことを是非おすすめします。そして俗に「かげ譜」と呼ばれる他のパートの音をじゃんじゃん書き込んでしまいましょう。かと言っても何でもかんでも闇雲に書いていてはパート譜が真っ黒になってしまいます。
この曲に限らず私が「かげ譜」として書き込むポイントはいくつかあります。

1.アウフタクトで出るパートや、拍の頭が休符で始まるメロディー

2.タイで小節をまたいでいるフレーズ

3.ゲネラルパウゼ(G・P/全員が休止するところ)…飛び出したら恥ずかしいですからね(笑)

4.長い休止の後の出るきっかけとなる目印の音

5.自分が1stの時、2ndが先に出る場面なんかも書いておくと焦りません。

その他音符として書かずに楽器名だけをちょっと書き込んだりするような事もよくあります。きっとみなさんそれぞれのやり方でいろいろと工夫されていると思います。くれぐれも注意しておきたいのは、あまりにもかげ譜を頼りにしていると、頼りにしていた声部の人が落ちたり間違った場所で入ったりした時、自分も道連れになってしまいます。いつも全体の動きも把握しつつ、自分のカウントに自信を持って入れるようにしておきましょう。


[4小節目] 
スラーの始まる最初の音はハッキリと示してください。


[7小節目]
この部分に限らず、曲全体を通して幅の広い跳躍がたくさん出てきます。特に下がる時、無意識に時間を掛けてしまうことがあるので注意してください。音の長さも同じように吹いているつもりで低音のほうが長くなっていたりします。高音へ飛ぶほうがFgにとっては得意だと思いますが、特定の出し辛い音へ移るときはやはりタイミングが遅れがちです。大概の音楽的なフレーズ・メロディーは跳躍に時間を掛けて丁寧に吹くことでより美しくなる場合が多いのですが、今回このような曲はメトロノームに忠実な演奏が求められます。


[3]
1小節目
音の長さ、切るタイミングに注意を払ってください。[9]1小節目も同じです。


[5]〜[6]
フェルマータがたくさん出てくるし、テンポが目まぐるしく変わるし、3連符、5連符、6連符はタイや休符を伴って分かり辛くなっています。ここはしっかりスコアを読んでおいて流れと仕組みを頭の中に入れておいたほうが良いでしょう。そうしないと、soloの入るタイミングや1拍ごとに細かく指示が出されているクレシェンド、ディミヌエンドや音を切るタイミングなどを確信を持って吹くことができません。楽譜をあまり読んでいない聞き覚えによる演奏は意外とすぐにバレてしまいます。


[6]2小節前
ミ♭・ファ♯・ソはテナーSaxと半音でぶつかっています。個人的にはここは全くヴィヴラートをかけないで、半音をがっつりぶつけたほうが雰囲気に合うような気がします。


[8]〜[9]
譜読みが終わって熟れてくると、先へ先へと走ってしまいそうな音型なので、メトロノームで1拍を4分割にしてかっちりと仕上げていってください。そうすると休符の間に鳴っている他のパートの音が冷静に聞けるようになると思います。

こういった曲は楽譜から一つ一つを読み取ってみんなで音を作っていくのが楽しい作業だと思います。他のバンドにはない自分たち独自の音を探して、本番では個性の光る良い演奏をしてください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

江黒未希(えぐろみき)

東京音楽大学音楽学部卒業。給費入学奨学金授与。1998年市川文化会館新人演奏会出演。1999年から2001年国連クラシックライヴに出演。2001年から2003年アジアユースオーケストラに合格、マシュウ・ルッジェーロ氏(元ボストン交響楽団)の指導を受け、同団員として日本はじめアジア各国で演奏する。

これまでにファゴットを山上貴司、霧生吉秀、菅原眸の各氏に、室内楽を植村泰一、宮本文昭の各氏に師事。現在、木管五重奏団アンサンブル・アクア、くにたち会木管五重奏団、フルスヴァルト合奏団、同団員として室内楽の公演をはじめ、オーケストラ、吹奏楽、後進の指導、福祉の場での音楽療法など幅広く活動している。


スポンサーサイト
- | 22:22 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://galleriawind.jugem.jp/trackback/138
 
ガレリアウインドオーケストラは東京近郊の若手演奏家によって結成されたプロフェッショナル吹奏楽団です。

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

Powered by ロリポブログ